Top > 葉酸サプリ > サプリも含めて摂取したい赤ちゃんの成長に不可欠な葉酸

サプリも含めて摂取したい赤ちゃんの成長に不可欠な葉酸

妊娠初期や妊娠中に「葉酸」を多く摂取するのが良いとされる情報を見聞きしますが、簡単に言えば「お腹の赤ちゃんの健やかな成長を促すため」ということに尽きるでしょう。妊娠中に葉酸の摂取が少ないがために、神経系の障害を持つ子供が生まれたり、胎児奇形が発生するリスクが高まると言われています。

葉酸は、赤ちゃんがお腹の中で成長する過程で細胞分裂や増殖などが活発に行われるために必要な栄養素なのです。特に妊娠初期に葉酸を十分に摂りいれることは、神経閉鎖障害など赤ちゃんの先天性の異常が発生するリスクを低下させることに効果があります。

葉酸については、厚生労働省でも妊娠の可能性のある1ヶ月前から摂り入れることを勧めています。通常の1日に摂取したい推奨量は240μgですが、妊娠中の場合には2倍に相当する480μgにもなるようです。

葉酸は、体の維持に必要な13種類の必須ビタミンの1つになります。ビタミンは水に溶けやすく体に留まることが出来ない「水溶性ビタミン」と、油脂やアルコールに溶けやすく体に留まり易い「脂溶性ビタミン」に分けられますが、葉酸は水溶性ビタミンに属するため、効果的に補うことが必要となります。現在妊娠中の方、今後妊娠の可能性がある方には、葉酸を効果的に摂取することが可能なサプリの利用をおススメします。

葉酸サプリは多くの企業から商品が紹介されています。殆どの商品に於いては、厚生労働省が推奨している1日の摂取量0.4mgをクリアしているので問題はないと思います。あとはコストパフォーマンスも含め、安全性や葉酸以外の成分の含有、続けて服用する為のコストなども含め検討するのが良いと思います。

また、先にも紹介しました通り、葉酸は必要量だけが取り込まれ体内に留まることがないものなので、1度に沢山摂取しても意味がありません。1日に2~3回に分けて服用することをおススメします。

妊娠中に選ぶべき安全な葉酸サプリとは?

葉酸サプリ

関連エントリー
サプリも含めて摂取したい赤ちゃんの成長に不可欠な葉酸
カテゴリー
更新履歴
エレベータ群管理システムとは(2017年9月25日)
注文住宅のメリット・デメリット(2017年7月 3日)
新築住宅を見ておもうこと(2017年7月 3日)
フラッシュモブでワンダイレクションはどうか(2017年5月22日)
香水の正しい使い方とダメな使い方(2017年4月 6日)